イクメン陸マイラーの、家族を旅行に連れてって!!

自称イクメンが、陸でマイルをせっせと貯めて、安くあわよくばタダで沖縄などに家族旅行で行く記録。絵本の読み聞かせや、子連れレジャーについてのイクメン独自情報もあり。世の中の全ての父親の為に。

2019年10月1日消費税が10%に!増税対策裏技のメリットデメリット!クレジットカードが作れなくても2%ポイント還元を受ける方法!プリペイドカードが有効!加盟店手数料の引き下げ指示も。

f:id:mileagelove:20181016005006p:plain

 

安倍晋三首相が、2019年10月1日より今の8%から10%へ消費税を引き上げる事を表明しましたね。クレジットカードや電子マネーでの支払いで増税分の2%をポイント還元する事を検討しているそうです。ネックの加盟店手数料は3%を上限とするようです。

 

スポンサーリンク
 

 

クレジットカードや電子マネーでポイント還元されることは、陸マイラーに限らず節約をする上では当たり前のことなので今まで同様です。その多くは決済額に対して1%というのがほとんどです。

 

通常の1%還元でも、現金払いの場合ではもらえないのでお得になるのですが、消費税が10%になることに合わせて、経過措置として増税分の2%がポイント還元されるようになるようです。ただ、これはメリットだけではなくデメリットも存在します。

 

ますます現金払いは大損していくことになるのは確実で、クレジットカードや電子マネーが必須になってくるのは明らかです。ただ、様々な理由でクレジットカードを作る事ができない人もいると思うので、おすすめのクレジットカードだけではなく審査のいらないプリペイドカードもありますし、貯めたポイントはそのまま使えるだけではなくマイルにして旅行に利用することも可能です。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

安倍晋三首相が来年10月に消費税10%に増税すると表明!増税対策はどうする?対策によるメリットは?

安倍晋三首相は2018年10月15日の臨時閣議において、2019年10月1日より現在8%の消費税を予定通り10%に上げる事を表明しました。その際に、政策を総動員して経済に悪影響を及ぼさないように対応すると言っています。

 

その一つに、中小小売店でクレジットカード・電子マネーなどのキャッシュレス決済で商品購入した客に対し、2%のポイント還元をするというのものになります。

 

クレジットカードを作る事ができない学生や、作りにくい専業主婦、更にブラックで作れない人は不利になるのは確実です。じゃあどうすればよいのか?

 

プリペイドカードを利用しましょう。

 

審査不要のプリペイドカードなら消費税10%でも増税対策のポイント還元メリットを受けられる可能性がある

消費税10%:ポイント還元:審査不要:学生:専業主婦:ブラック


このようなカードをどこかで一度は見た事があるのではないでしょうか?一番有名なのは、携帯大手が発行するプリペイドカードでその中でも左下の「au Walletプリペイドカード」が一般的だと思います。

 

auの携帯契約をすると、auポイント還元先としてau Walletプリペイドカードが自動的に発行されるはずです。その際、審査もなく後日郵送されてきていると思います。

 

何気なく発行しているそのカード、よくみると「MadterCard(マスターカード)」のロゴが入っていますね。あれ?マスターカードってクレジットカードでは?他にもVISAやJCBのロゴが入っているものもありますが、これらは全てクレジットカードではなくプリペイドカードになるのですが、クレジットカードが利用できる店舗で利用可能(※一部を除く)です。

 

審査不要なので学生や主婦、またブラックでクレジットカードNGでも作れる。
②16歳未満でも親権者が申し込めば作れるものもある。
③貯まったポイントをそのままチャージできる。

 

消費税10%増税対策裏技!おすすめのプリペイドカード:POINT WALLET VISA PREPAID

消費税10%:ポイント還元:審査不要:学生:専業主婦:ブラック

 

①ポイントサイトのモッピーで貯めたポイントをチャージできる
②もちろん現金やクレジットカードからもチャージ可能
③常に0.5%のポイント還元がある

ポイントサイトを運営するセレスが発行するプリペイドカードで、最大の特長は「ポイントサイトのモッピー」で貯めたポイントをチャージして利用できる点です。

 

消費税10%:ポイント還元:審査不要:学生:専業主婦:ブラック

f:id:mileagelove:20181015234820p:plain

 

例えばですが楽天市場でショッピングをすると想定した際、ポイントサイトのモッピーを経由させて楽天を利用するとモッピーのポイント(1ポイント=1円)が購入額の1%もらえます。

 

POINT WALLET VISA PREPAIDを利用すると、その利用分の0.5%が加算されて最大1.5%と還元率が上がります。それだけではなく、もちろん楽天ポイントももらえます。

 

POINT WALLET VISA PREPAIDを政府の言う中小小売店で利用したとすると、通常の0.5%のポイントに加え2%のポイント還元が受けられ、合計2.5%の還元となります。

 

 

消費税10%増税対策裏技!比較的審査の緩いクレジットカード:楽天カード (年会費は永年無料なのでメリット大)

消費税10%:ポイント還元:審査不要:学生:専業主婦:ブラック

 

楽天カードはプリペイドカードではなく、普通のクレジットカードになります。ですので、発行には所定の審査がありますしブラックだと辛い可能性は十分あります。

 

しかし、クレジットカードの中では比較的審査が緩い事で有名ですので、学生でも専業主婦でも発行できた話はよく聞きます。

 

年会費は無料ですし、楽天市場での利用で最大3倍のポイントが貯まります。ポイントサイトのモッピー経由で楽天市場を利用した時に使えば更にお得になりますので、持っていても損することはありません。

 

 

消費税10%増税対策裏技!アメックスグリーンカードは審査優遇の裏技あり!最短10秒で承認される!

消費税:10%:増税:安倍晋三:ポイント還元

 

クレジットカードが作れないのにアメックス何て無理無理!と思われるかもしれません。ところが、最近は比較的敷居が低くなっていて、専業主婦でも通ったと聞く事が増えてきました。

 

流石にブラックだと持てないかもしれませんが、一般より比較的審査が緩くなる方法があります。

 

それは既存会員から紹介を受けて入会する方法になります。上のアメックスグリーンの画面イメージは、実際の紹介専用URLから入った場合に対象となり、審査が優遇されます。(※ただし必ず通るわけではありません。)

 

アメックスはカード自体を非接触化しているなど、世界中でキャッシュレスの最先端を走てっているクレジットカードになり、一般的になったとはいえやはりプレミアムカードの代表ですね。

 

特にデスクの対応はVISAなどとは全く違っていて、顧客に寄り添った提案を常にしてくれるのがありがたいです。

 

アメックスグリーン、今なら初年度年会費無料で試すことができますのでチャレンジしてみてはどうでしょうか?

 

もし周りにアメックスを持っている方がいない場合は、当ブログ右下の「お問い合わせ」よりご連絡いただければ紹介させていただくことも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

※メールアドレスの間違いが増えており、返信できない事があります。通常24時間以内に返信させていただいておりますが、返信が来ない場合は再送していただけますでしょうか。よろしお願いします。

f:id:mileagelove:20161211105628j:plain

LINE@でも案内を開始しました。

友だち追加

 

 

消費税10%増税対策のポイント還元対象がサービス業へも拡大(10月18日追記)

①当初数ヶ月間の予定が、1年間に大幅拡大
②中小小売店だけだったのが、サービス業にも拡大

10月18日の報道で判明しましたが、ポイント還元対象が大幅に広がりそうです。当初は来年10月1日から数ヶ月間の措置だったのが、1年間に拡大するよう指示が出ているようです。

 

増税時の景気への打撃を緩和させるのに加え、国としてキャッシュレスを推進する強い考えの現れでしょう。文句を言っていても仕方がないので、ポイント還元を受けられるように準備していく方がいいですね。

 

また、当初は中小小売店だけが対象だったのですが、サービス業まで拡大されました。これにより例えば美容院などでもポイント還元を受けられるはずなので、通常生活で受けているサービスも気兼ねなく利用できそうです。 

 

更に、ポイント還元幅を2%から広げる案も出ているようで、この辺りは財務省との駆け引きになると思われます。頑張って広げて欲しいですね。

 

消費税10%増税対策のポイント還元に合わせてクレジットカード加盟店手数料の引き下げ要請と上限3%に(10月19日追記)

矢継ぎ早に対策検討を表明している政府ですが、どうも火消しに走っている様にしか見えないのは僕だでしょうか。

 

キャッシュレス推進で喜ぶのは僕らの様な陸マイラーを始めとする人たちかもしれません。中小小売店からすると最大の障壁は、危機の初期導入費用と決済ごとにかかるクレジットカード加盟店手数料の負担が大きい事です。

 

特に飲食店などは原価が高い事が多いので、数%の決済手数料を取られると赤字になってしまう可能性も大きく、キャッシュレス化したくてもできない事情があります。ここにメスが入れば、導入も進むかもしれませんね。

 

消費者とお店、両方が喜ぶ制度にしないとキャッシュレス化は進みません。

 

消費税10%増税対策のデメリットはポイント失効にある

増税分の2%をポイント還元するという事で、一見お得そうに見えてしまうかもしれません。ではその狙いはどこにあるのかを考える必要がありそうです。

 

一般的に普及している例えば「Tポイント」や「dポイント」は、発行する企業の財務上は引当金として計上されています。本来会社から出ていくお金なのですが、ポイントとして消費者が持っている限りは出ていく事はなく、使われて初めて支出扱いになります。

 

ポイントには有効期限がある。これが最大のデメリット!

 

ご存知の通り、ポイントには有効期限がありますよね。これ知らずに失効するとどうなるのでしょうか?企業側は引当金として置いてあるのですが、消費者が失効した分は利益として計上できます。

 

企業側としては知らず知らずのうちに失効してくれる方がありがたい。

 

こういう事情があります。そこで自衛手段として一つあるのが、クレジットカードの中にはポイント有効期限が実質無期限のものもあります。上で紹介したアメックスもその一つですので、そう言った視点でも検討する必要がでてきます。

 

 

消費税10%増税対策裏技メリットとデメリットまとめ

これまで延期延期になってきただけであって、いずれ上がることは決まっていた物が、ついに決定されただけのことです。ただ、必ず反動があるので景気への対策に注目が集まっているのですが、遅れているキャッシュレス化を無理やりにでも推進するための一案として「2%のポイント還元」と言うものが出てきたのでしょう。

 

陸マイラーやっていると「ポイント還元」という言葉に弱いもので、税金を2%余分に払って2%ポイントで還元されるならバイポイントにもなるのかなどと政府の思う壺になってしまっているかもしれません。貯まったポイントをマイルにすれば、2%以上の価値になるのですから。

 

ポイントサイトのポイントをプリペイドカードにチャージしての活用は、実は今でもやっています。Apple Pay Suicaスターバックスカードへのチャージに、プリペイドカードを利用しています。増税分はうまく節約したいですね。

 

ではでは。

 

家族旅行関連記事

★爆発的にJALマイルを貯める方法 

 

★爆発的にANAマイルを貯める方法

 

★アメックスゴールドは初年度無料!さらにキャンペーンが熱い!

 

★宮古島へタダで行けました。