読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イクメン陸マイラーの、家族を旅行に連れてって!!

自称イクメンが、陸でマイルをせっせと貯めて、安くあわよくばタダで沖縄などに家族旅行で行く記録。絵本の読み聞かせや、子連れレジャーについてのイクメン独自情報もあり。世の中の全ての父親の為に。

【デルタマイルの使い方】実際にJTB旅行券に換えてみた。

その他マイル 旅行ハック
f:id:mileagelove:20161230225418p:plain

デルタ航空に全く搭乗しなくても、デルタのニッポン500マイルを利用すればデルタスカイマイルを貯める事が可能です。ANAやJAL等で国内線利用の半券をFAXすることで、1週間程度でデルタスカイマイルが500マイルずつ貯まっていく美味しいキャンペーンです。スカイペソと不人気なデルタマイルの使い方の一つとして、今回はJTB旅行券に換えてみましたので、手順を説明します。

そもそもANAやJALにそんなに乗るにはどうするのか?については、こちらの、家族旅行関連記事を参照してみてください。


スポンサーリンク
 

 ニッポン500マイルとは

すべての日本国内線で、1フライトにつき500スカイマイル・ボーナスマイルをご獲得いただけます。JAL(日本航空)、ANA(全日空)、スカイマークなど日本国内線であれば、航空会社、路線、クラスは問いません!

旅行期間:2016年4月01日-2017年3月31日

対象となるフライト:日本国内定期路線(すべての航空会社・運賃・クラス)

ボーナスマイル獲得:片道フライトにつき500スカイマイル・ボーナスマイル。期間中、スカイマイル・メダリオン会員の方は、お一人様最大40フライト分(合計20,000ボーナスマイル)まで、スカイマイル一般会員の方は、お一人様最大10フライト分(合計5,000ボーナスマイル)までのボーナスマイルをご獲得いただけます。 

 

メダリオン会員(上級会員)だと合計20,000マイル(40搭乗分)まで登録できます。国内線に乗るだけで、デルタのスカイマイルが貯まるなんてお得ですよね。

スカイメダリオン(上級会員)なんて無理無理と思われるかもしれませんが、簡単です。デルタアメリカンエキスプレスカードでシルバーメダリオン、デルタアメリカンエキスプレスゴールドカードでゴールドメダリオン会員にそれぞれ自動的になれます。その為だけに作る人もいますね。自分もそうです。 積極的にデルタ航空を使う方以外は、シルバーメダリオンがお得だと思います。それ以外の場合は、年間合計5,000マイル(10搭乗)までとなります。

スポンサーリンク
 

 

JTB旅行券に換えるには

JTB旅行券に交換するためには、「デルタのスカイメダリオン会員(上級会員)」か「デルタの提携クレジットカード保有」が条件となります。

先ほど記載したデルタアメリカンエキスプレスもしくはデルタアメリカンエキスプレスゴールドを保有している場合は、特に気にする必要はありません。

では、持っていない場合はどうするのか。でるたアメリカンエキスプレスの様な年会費は払えねーよ!って方も多いと思います。その場合、「デルタの提携クレジットカード保有」が条件ですのでこれを活用します。メダリオン会員(上級会員)である必要はありません。

その場合、「デルタスカイマイルJCBテイクオフカード」を利用します。これでデルタスカイマイルの使い勝手がよくなります。

 

 

デルタスカイマイルJCBテイクオフカード

f:id:mileagelove:20161231194009p:plain

デルタ スカイマイルJCBカード特別キャンペーン 特別ボーナス いまなら最大8,000マイルプレゼント!

年会費:1,575円(税込)初年度無料

海外旅行保険(死亡・後遺症時):2,000万円

ショッピングカード:100万円

ApplePay:設定可能

キャンペーン:最大12,500マイル 

たった年間1,575円の年会費で、JTB旅行券発行の条件を満たせます。デルタニッポン500マイルキャンペーンが継続されるなら、これを保持するのもいいと考えられます。

1年目デルタアメリカンエキスプレスでシルバーメダリオンを持ち、2年目デルタスカイマイルJCBテイクオフカードでJTB旅行券に交換するのを繰り返すなどがお得になるかもしれません。Apple Pay対応です。JCB発行ですので、下記も参考にしてみてください。

スポンサーリンク
 

 

JTB旅行券への交換方法

①ホーム画面からの入り口

f:id:mileagelove:20161231201924j:plain

かなり分かり辛いです。ログイン後に右上の①「スカイマイル」を選択し、②「マイルのご利用」をクリックする必要があります。

自分の画面ですが、ステイタスは「Silver Medalion」になっていて、2017年も同様になっています。

 

②マイルでショッピングの入り口

f:id:mileagelove:20161231202200j:plain

次の画面で、「マイルでショッピング」の下側にある「マイルでのショッピングについての詳細はこちら」の青文字をクリックします。

 

③デルタアジアマーケットの入り口

f:id:mileagelove:20161231202446j:plain

スカイマイルマーケットプレイスが利用できればいいのですが、実はアメリカ発行のデルタアメリカンエキスプレスカードがないと利用できないという罠があります。

日本で利用できる「スカイマイルマーケットプレイスアジア」の青文字「お買い物はこちら」をクリックします。

 

④交換商品の選択画面

f:id:mileagelove:20161231202645j:plain

「スカイマイルマーケットプレイスアジア」で選択できるのは、JTB旅行券のみとなります。迷いようがないです。

現在保有のスカイマイルを確認して、今回は10,000マイル=10,000円分の旅行券に交換申請してみました。

 

⑤JTB旅行券をショッピングカートに入れる

f:id:mileagelove:20161231202924j:plain

10,000円分のJTB旅行券を選択しショッピングカートに入れます。その後確認してよろしければ、「チェックアウトに進む」をクリックします。

 

⑥注文確認画面

f:id:mileagelove:20161231203051j:plain

事前に登録されている住所等が表示されますが、過不足があればここで修正します。

最終的に消費マイルを確認して「ご注文」をクリックします。

 

⑦注文完了画面

f:id:mileagelove:20161231203210j:plain

注文確定後、マイル残高が表示されますので、確認して完了です。

 

⑧メールを確認

f:id:mileagelove:20161231203305j:plain

注文後メールが送付されてきます。くどいですが、一度確認しておきましょう。

メール本文内の「ご注文状況の確認」をクリックします。

 

⑨デルタスカイマイルマイページで確認

f:id:mileagelove:20161231203638j:plain

再びデルタスカイマイルのマイページに遷移するので、そこで申し込みステイタスが「お申込完了」になっているのが確認できます。

 

⑩注文詳細確認

f:id:mileagelove:20161231203754j:plain

「注文の詳細を表示」をクリックすると、詳細が表示されます。

スポンサーリンク
 

2017/1/15追記 JTB旅行券が届きました

f:id:mileagelove:20170115235807j:plain

2017年1月15日に書留で届きました。2016年12月31日にWebから申請して、ほぼ2週間です。注意書きには4週間〜6週間かかると書いていましたが、その半分程度の期間を想定しておけば良さそうです。

また、有効期限は「2017/7/5までに出発する旅行」となっていますね。年末年始休暇があったので、始業の2017年1月5日に発行処理がされたと想定されます。出発する旅行ですので、申し込み基準ではない点に注意が必要です。出発日が2017年7月6日以降の場合は、それまでに申し込んでいても無効ということになります。自分は早速使う場面がありますので、問題はありません。 

まとめ

Delta SkyMiles Marketplace JTB(直リンク)

JTB旅行券に交換する方法はわかったでしょうか。デルタスカイマイルのマイページがわかりづらいのもあり、画面遷移を入れてみました。上記直リンクからマーケットプレイスに入る事ができると思います。デルタマイルの使い方としては、JTB旅行券に交換するのが一番使いやすいのではないでしょうか。

  1. メダリオンステイタスでデルタマイルを貯める。
  2. メダリオン会員以外はデルタスカイマイルJCBテイクオフカードを作る。
  3. JTB旅行券に交換する。
  4. 発行まで約2週間はみておく必要あり。
  5. JTB旅行券の有効期限は出発日基準で6ヶ月以内。

以上になります。

 

家族旅行関連記事