イクメン陸マイラーの、家族を旅行に連れてって!!

自称イクメンが、陸でマイルをせっせと貯めて、安くあわよくばタダで沖縄などに家族旅行で行く記録。絵本の読み聞かせや、子連れレジャーについてのイクメン独自情報もあり。世の中の全ての父親の為に。

PayPay(ペイペイ)12月分還元と新キャンペーンは1月8日から!「PayPay残高付与の取消」には要注意!ビックカメラは最大18.5%、ジョーシンは最大2,500ポイント!消費税増税のポイント還元にも対応のPayPayを利用しよう!

PayPay:不正利用:キャンペーン:第二段:ビックカメラ:switch:

 

昨年末のPayPay(ペイペイ)100億円あげちゃうキャンペーンの還元が、1月10日にPayPay残高にされる予定です。PayPay還元の新キャンペーンが1月8日からビックカメラやジョーシンといった大手家電量販店で再開されます。

 

スポンサーリンク
 

 

PayPayの100億円あげちゃうキャンペーンは僅か10日で強制終了された伝説を作り、街の個人商店にまでQRコードでのキャッシュレス決済を普及させたのは功績でしょう。

 

それと共に、あまりにもザルすぎるクレジットカードの登録の仕組みが悪用されて、クレジットカード不正利用にまでつながってしまいました。

 

そんなPayPayですが、100億円あげちゃうキャンペーンでの還元が1月10日される予定(は未定)に合わせて、キャンペーン第二段が明らかになってきました。

 

前回との違いは、クレジットカードの利用上限があるのと、今のところ還元は各加盟店側のポイントで行われるという事です。特にクレジットカードの利用上限は要注意です!

 

普段陸マイラー活動をやっていると、終了や改悪にはかなり敏感になってしまっています。いつ終わるのかビクビクしながら・・・。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

PayPay(ペイペイ)の100億あげちゃうキャンペーンの付与予定分は1月8日から順次付与開始予定

PayPay:不正利用:キャンペーン:第二段:ビックカメラ:switch

 

2018年12月4日から2019年1月1日午前9時までのキャンペーンの景品や特典(注1)として、付与予定日が2019年1月10日前後となっているPayPayボーナスは、残高明細において「PayPay残高付与の処理中」と表示されております。
この1月10日前後に付与予定のPayPayボーナスについては、2019年1月8日(火)から1月10日(木)にかけて順次、PayPay残高に付与いたします。
付与の反映は、上記の期間内において、決済番号ごとに別々のタイミングで反映されます。
アカウントごとにまとめて反映はされませんので、あらかじめご承知おきください。残高に反映された場合、残高明細においては「PayPay残高GET」と表示されます。

付与されるまで安心できませんが、昨年12月の「100億円あげちゃうキャンペーン」で獲得した還元分は、1月8日より順次付与されるようです。

 

今回の第二段キャンペーンに合わせて付与してくれるのであれば、ありがたいことですので首をながーーーーーくして待っておきましょう。

 

ちなみに僕は1月8日16時時点でまだ付与されていません。。 

 

PayPay(ペイペイ)残高が付与された

PayPay:付与の取消:消費税増税:ポイント還元

 

全額当選分2本と、20%還元分数本が、まとめて付与されて一安心です。しかし、PayPay残高付与の取消も起きているようで、安心できませんね。

 

PayPay(ペイペイ)の12月分について「PayPay残高付与の取消」となることもある様子

・対象となるお支払いをキャンセルし、返金を受けた場合
・取引やキャンセルの状況により不正行為が行われたと当社が判断した場合
・付与される前に、対象のPayPayアカウントが停止または削除された場合
・当社の利用規約に違反する行為があった場合、またはそのおそれがあると当社が判断した場合
複数のPayPayアカウントで付与を受けたことが確認された場合
クレジットカードの不正利用
・架空の取引
・取引の分割
・不当な取引や返金によるPayPayボーナス等の詐取
1人のお客様による複数名義の支払い手段での利用
・複数のPayPayアカウントでの同一クレジットカードの利用
・PayPayアカウントやYahoo! JAPAN IDの不正利用

恐怖の「PayPay残高付与の取消」について、記載が出ていました。

 

普通に利用している限りは特に問題なく、何度も書かれているのが所謂「複垢(複数のアカウント)」利用についてはかなり厳しく対応されそうですね。

 

実際に取消報告がTwitterでも流れていて、複垢などではなく普通に買い物をしただけのユーザーでも起きているようです。

 

複垢ではないのに、なぜ起きるのか?それはPayPayにしかわかりませんが、考えられるのは同じ名義のクレジットカードを家族で使い回していたなどでしょうか?

 

 

何にせよ、複垢についてこれでもか!ってほど書かれているので、一番大きな理由にはなりそうですね。。

 

PayPay(ペイペイ)経由のクレジットカード決済は過去30日間で5万円までなのは要注意!

————————————–
・クレジットカードでの決済金額上限:2万円(過去24時間)
※複数のクレジットカードを登録されている場合、合計2万円までとなります
・Yahoo! JAPANカードからのチャージ金額上限:2万円(過去24時間)————————————–

なお、2018年12月21日に設定した、以下のクレジットカードの過去30日間のご利用上限は引き続き適用となります。
————————————–
・クレジットカードでの決済金額上限:5万円(過去30日間)
※複数のクレジットカードを登録されている場合、合計5万円までとなります
・Yahoo! JAPANカードからのチャージ金額上限:5万円(過去30日間)————————————–
これにより、クレジットカードをご利用して決済される場合、過去24時間のクレジットカードでの決済金額の合計が2万円を超えない範囲、および、過去30日間(720時間以内)のクレジットカードでの決済金額の合計が5万円を超えない範囲でご利用いただけます。
同様に、Yahoo! JAPANカードからPayPay残高にチャージをされる場合、過去24時間のYahoo! JAPANカードからのチャージ金額の合計が2万円を超えない範囲、および、過去30日間(720時間以内)のYahoo! JAPANカードからのチャージ金額の合計が5万円を超えない範囲でチャージいただけます。
なお、PayPay残高やYahoo!マネーでのお支払いについては、これらの制限は適用されません。

本日新たに追記されていたのですが、なんと24時間以内にクレジットカードで決済可能な金額が20,000円までのようです。

 

ニンテンドースイッチすら買えません・・・・。

 

3Dセキュア対応までの暫定だといいのですが、たったの20,000円だと家電量販店では到底利用できません。

 

ビックカメラはPayPay(ペイペイ)利用で最大18.5%還元

PayPay:不正利用:キャンペーン:第二段:ビックカメラ:switch

 

期間:1月20日(日)まで
還元額:最大18%のビックポイント+0.5%のPayPayボーナス

PayPayの雄と言えば、やはりビックカメラでしょう。100億円あげちゃうキャンペーンでの盛況ぶりや、金額を客が手入力するなど、数々の伝説を作ってきました。

 

今回はPayPayのボーナスは通常の0.5%となっていて、あくまでもビックカメラ側のポイント施策として1月20日までビックポイントが最大18%付与されるものになります。合わせて最大18.5%です。

 

PayPay:不正利用:キャンペーン:第二段:ビックカメラ:switch

当社指定商品は明らかになっていませんが、同時に実施されている別のキャンペーン「当社指定商品最大20%ポイントサービス」の対象製品と同様ではないかと思っています。

 

Apple製品は新型iPadProが対象とはなっていますが、「当社指定商品最大20%ポイントサービス」では4%還元対象製品となりますのであまり期待できません。

 

ニンテンドースイッチは対象外です。

 

 ジョーシンははPayPay(ペイペイ)利用で最大2,500ポイント還元

PayPay:不正利用:キャンペーン:第二段:ビックカメラ:switch

 

1回のPayPay支払い金額合計(税込)
5,000円以上:250ポイント
10,000円以上:500ポイント
30,000円以上:1,500ポイント
50,000円以上:2,500ポイント

特に上限の記載はない為、50,000円以上の買い物をする際にはうまく分割するのがよいですね。

 

また、ビックカメラのように対象製品の指定もなさそうなので、ニンテンドースイッチやアップル製品も可能だと思われます。 

 

エディオンはPayPay(ペイペイ)利用で最大15%還元(1月14日まで)

PayPay:不正利用:キャンペーン:第二段:ビックカメラ:switch

・1回のお買い物でのエディオンポイントの進呈は、15,000ポイントが上限となります。
・金券類(iTunesカード・Amazonカード・GooglePlayギフトカード・LINEプリペイドカード・ニンテンドープリペイドカードなど)は、購入対象外となります。
・修理費用のお支払いにはご利用いただけません。
・お支払いは、「PayPay」のみ、もしくは「PayPayと現金」のみとなります。
・ポイント進呈は1ヶ月後の予定となります。
・不正行為が行われたと当社が判断した場合は、ポイント進呈は無効となります。
・エディオンネットショップ、エディオンファミリーショップとエディオンの一部店舗では実施しておりません。
・詳しくはエディオンの店頭係員までお尋ねください。

こちらも1回ごとに上限が15,000ポイントまでとなっており、複数回利用すればその分貯める事ができます。

 

注意点は、期間が1月14日までとビックカメラやジョーシンより短い点になります。3連休までですので、要注意です!

 

条件はエディオンカード会員であることになりますが、無料の「あんしん保証カード」を持っていれば大丈夫です。

あんしん保証カード|カード一覧|エディオンカード|エディオンメンバーズサイト

 

エディオンはPayPay(ペイペイ)利用で最大15%還元 (1月14日まで)

PayPay:不正利用:キャンペーン:第二段:ビックカメラ:switch

 

ヤマダ電機も1月14日までなので要注意です。

 

最大20%には若干カラクリがありますので、下記「お支払い金額に応じてヤマダポイント進呈」を参考にしてください。決済額が大きいと還元率が下がります。

 

PayPay:不正利用:キャンペーン:第二段:ビックカメラ:switch


わかりにくいのですが、ヤマダの通常ポイントが最大8%で、それに加えて特別進呈ポイントが最大12%付与されて合計20%となります。

 

特別進呈ポイントで最大12%というのは、あくまでも500円利用時にになります。ですので、同じ50,000円利用でも一括50,000円(最大5,500ポイント)と500円*100回(合計10,000ポイント)では後者の方が獲得ポイントが大きくなる仕組みです。(合ってる?) 

 

利用商品は限定されていないので、賢く買い物をしたいですね。

 

PayPayのキャンペーンに参加するには兎にも角にもPayPayをダウンロードして500円ゲットしよう!

消費増税:PayPay:ペイペイ:100億:ポイント還元


とりあえずPayPayアプリのダウンロードと、新規ユーザー登録だけで500円分チャージされますのでお得ですね。

 

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ
PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

VISAプリペイドカード「Kyash」+「Yahoo!Japanカード」の組み合わせで更に3%還元を実現可能

「PayPay残高への5,000円以上のチャージで1,000円相当のPayPayライト増量キャンペーン」のチャージ条件は直接Yahoo!Japanカードから行う必要がありましたが、それ以降どこからチャージするのがいいのか試してみました。

 

プリペイド系で試したのはこちらのカードです。

・Kyash(VISA)
・Pollet(VISA)
・LINEPayカード(JCB) ※JCBなのでそもそも不可
・POINT WALLET VISA PREPAID(VISA)

結論から書くと、PayPayに紐付け可能なのは「Kyash」のみでした。バーチャルカードのみでは試しておらず、リアルカードを発行して試しています。

 

消費増税:PayPay:ペイペイ:100億:ポイント還元

 

KyashはVISAプリペイドカードなので、こちらもチャージしておくか残高がなければKyashに紐づけられているクレジットカードから支払われるという仕組みです。この紐付けに「Yahoo!Japanカード」を利用します。

 

これでPayPayの壮絶還元+Kyashの2%+Yahoo!Japanカードの1%を得ることが可能になりますね。Yahoo!Japanカード以外にももっと還元率のいいカードはありますが、Yahoo!の各サービスでの使いやすさを考慮して、僕はYahoo!Japanカードにあえて集約しています。

 

 Yahoo!JAPANカード

 

消費増税対策のキャッシュレス決済時のポイント還元が、2%から5%にアップする予定!

クレジットカード会社が加盟店から徴収する手数料に上限を設定する経済産業省の方針には、カード会社から反発の声が上がっていた。ただポイント還元を5%にすれば消費者のカード決済への誘因が強まるだけにカード会社は無視できなくなる。「上限設定を受け入れなければ顧客流出は避けられない」(カード大手)
引用:5%還元、二兎を追う 増税対策と脱・現金、効果は不透明 :日本経済新聞

キャッシュレス決済時のポイント還元について、安倍総理が5%にあげる方針を新たに示しました。加盟店手数料の上限によりカード会社が参加するかどうか不透明なところがありましたが、この引き上げにより参加せずにはいられない状況となりそうです。

 

こちらの記事で書いた通り、予想通りの動きとなるかもしれません。 

 

審査不要のプリペイドカードなら消費税10%でも増税対策のポイント還元メリットを受けられる可能性がある

消費税10%:ポイント還元:審査不要:学生:専業主婦:ブラック


このようなカードをどこかで一度は見た事があるのではないでしょうか?一番有名なのは、携帯大手が発行するプリペイドカードでその中でも左下の「au Walletプリペイドカード」が一般的だと思います。

 

auの携帯契約をすると、auポイント還元先としてau Walletプリペイドカードが自動的に発行されるはずです。その際、審査もなく後日郵送されてきていると思います。

 

何気なく発行しているそのカード、よくみると「MadterCard(マスターカード)」のロゴが入っていますね。あれ?マスターカードってクレジットカードでは?他にもVISAやJCBのロゴが入っているものもありますが、これらは全てクレジットカードではなくプリペイドカードになるのですが、クレジットカードが利用できる店舗で利用可能(※一部を除く)です。

 

審査不要なので学生や主婦、またブラックでクレジットカードNGでも作れる。
②16歳未満でも親権者が申し込めば作れるものもある。
③貯まったポイントをそのままチャージできる。

 

消費税10%増税対策裏技!おすすめのプリペイドカード:POINT WALLET VISA PREPAID

消費税10%:ポイント還元:審査不要:学生:専業主婦:ブラック

 

①ポイントサイトのモッピーで貯めたポイントをチャージできる
②もちろん現金やクレジットカードからもチャージ可能
③常に0.5%のポイント還元がある

ポイントサイトを運営するセレスが発行するプリペイドカードで、最大の特長は「ポイントサイトのモッピー」で貯めたポイントをチャージして利用できる点です。

 

消費税10%:ポイント還元:審査不要:学生:専業主婦:ブラック

f:id:mileagelove:20181015234820p:plain

 

例えばですが楽天市場でショッピングをすると想定した際、ポイントサイトのモッピーを経由させて楽天を利用するとモッピーのポイント(1ポイント=1円)が購入額の1%もらえます。

 

POINT WALLET VISA PREPAIDを利用すると、その利用分の0.5%が加算されて最大1.5%と還元率が上がります。それだけではなく、もちろん楽天ポイントももらえます。

 

POINT WALLET VISA PREPAIDを政府の言う中小小売店で利用したとすると、通常の0.5%のポイントに加え5%のポイント還元が受けられ、合計5.5%の還元となります。

 

 

消費税10%増税対策裏技!比較的審査の緩いクレジットカード:楽天カード (年会費は永年無料なのでメリット大)

消費税10%:ポイント還元:審査不要:学生:専業主婦:ブラック

 

楽天カードはプリペイドカードではなく、普通のクレジットカードになります。ですので、発行には所定の審査がありますしブラックだと辛い可能性は十分あります。

 

しかし、クレジットカードの中では比較的審査が緩い事で有名ですので、学生でも専業主婦でも発行できた話はよく聞きます。

 

年会費は無料ですし、楽天市場での利用で最大3倍のポイントが貯まります。ポイントサイトのモッピー経由で楽天市場を利用した時に使えば更にお得になりますので、持っていても損することはありません。

 

 

消費税10%増税対策裏技!アメックスグリーンカードは審査優遇の裏技あり!最短10秒で承認される!

消費税:10%:増税:安倍晋三:ポイント還元

 

クレジットカードが作れないのにアメックス何て無理無理!と思われるかもしれません。ところが、最近は比較的敷居が低くなっていて、専業主婦でも通ったと聞く事が増えてきました。

 

流石にブラックだと持てないかもしれませんが、一般より比較的審査が緩くなる方法があります。

 

それは既存会員から紹介を受けて入会する方法になります。上のアメックスグリーンの画面イメージは、実際の紹介専用URLから入った場合に対象となり、審査が優遇されます。(※ただし必ず通るわけではありません。)

 

アメックスはカード自体を非接触化しているなど、世界中でキャッシュレスの最先端を走てっているクレジットカードになり、一般的になったとはいえやはりプレミアムカードの代表ですね。

 

特にデスクの対応はVISAなどとは全く違っていて、顧客に寄り添った提案を常にしてくれるのがありがたいです。

 

アメックスグリーン、今なら初年度年会費無料で試すことができますのでチャレンジしてみてはどうでしょうか?

 

もし周りにアメックスを持っている方がいない場合は、当ブログ右下の「お問い合わせ」よりご連絡いただければ紹介させていただくことも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

※メールアドレスの間違いが増えており、返信できない事があります。通常24時間以内に返信させていただいておりますが、返信が来ない場合は再送していただけますでしょうか。よろしお願いします。

f:id:mileagelove:20161211105628j:plain

LINE@でも案内を開始しました。

友だち追加

 

家族旅行関連記事

★爆発的にJALマイルを貯める方法 

 

★爆発的にANAマイルを貯める方法

 

★アメックスゴールドは初年度無料!さらにキャンペーンが熱い!

 

★宮古島へタダで行けました。