イクメン陸マイラーの、家族を旅行に連れてって!!

自称イクメンが、陸でマイルをせっせと貯めて、安くあわよくばタダで沖縄などに家族旅行で行く記録。絵本の読み聞かせや、子連れレジャーについてのイクメン独自情報もあり。世の中の全ての父親の為に。

ドコモの家族名義の子回線は電話でプラン変更可能。妻名義回線をドコモの151で変更してみた。ドコモオンラインショップで節約!

f:id:mileagelove:20171119235142j:plain

 

ドコモの家族名義変更は電話でも可能。2年縛りと端末購入サポートの拘束期間のズレには要注意。ドコモはオンラインショップで買うのが手間もかからず安い!

 

携帯電話を家族で契約している場合、多くはお父さんが代表回線契約者で、子回線としてお母さん(妻)や子ども達のキッズケータイを契約していると思います。

 

日々変わる携帯電話のプランですが、途中で子回線のプランを変更する際、わざわざ契約者本人が話をしないといけないのでしょうか。試しにドコモでお母さん(妻)名義の子回線のプラン変更を、代表回線契約者のお父さん(夫)である僕ぴーじぇいが、電話でやってみました。

 

機種変更はドコモオンラインショップを利用すれば時間の拘束がなくなりますし、事務手数料も無料で、さらにGポイントというポイントサイト経由で利用すればキャッシュバックにもなりかなりの節約になります。貯まったポイントサイトのポイントは現金としても利用可能ですし、僕はANAマイルに交換して家族旅行に行っています。

 

 

スポンサーリンク

 

【最大10,800円分のクーポン配布中!】スマホ代節約には必ずポイントサイトを経由してドコモオンラインショップを利用すべき!

スマホ代節約:ドコモの契約変更

 

ポイントサイトのGポイント経由でドコモオンラインショップを利用しています。複数台買う時には、面倒でも必ず1台ずつGポイントからドコモオンラインショップにアクセスし直す事が必要です!

 

f:id:mileagelove:20181115224302p:plain

 

現在キャンペーン中で、1回の機種変更につき2,300円分のポイント還元です!通常は1,100ポイントになります。やらない理由はないですね。

更にGポイント限定で、最大10,800円還元のクーポンが先着で配付中!!

【対象期間】
2018/11/12(月)~2018/11/30(金) 10:59まで

【対象条件】
■1,100G→4,600G  
新規(追加)契約、他社からのりかえ(MNP)のお客様 
■1,100G→2,300G  
機種変更(FOMA→Xi、Xi→Xi)のお客様

【注意事項】
新規契約/MNP契約の場合、お申し込み後2,300Gが予定ポイント通帳に反映されます。差額の2,300G分は、2019年1月ごろ別途加算されます。

まずはGポイントへの登録が必要です。下記バナーからの登録で、早速50円分のポイントがもらえますよ。↓↓↓

Gポイント

 

スマホのプラン変更したいドコモ回線の契約状況

代表回線:お父さん(夫)ぴーじぇいメイン
契約端末:iPhone6s(月々サポート有り)
利用端末:iPhone7
利用者登録:長女
カケホーダイプラン(スマホ/タブ)ずっとドコモ割プラン
光シェアパック15

子回線①:お母さん(妻)メイン
契約端末:iPhone6s(月々サポート有り)
利用端末:iPhone7
利用者登録:次女
カケホーダイプラン(スマホ/タブ)ずっとドコモ割プラン
シェアパック

子回線②:お父さん(夫)ぴーじぇい
契約端末:iPhone7(月々サポート有り)
利用端末:iPadAir2
シンプルプラン(スマホ)+指定外デバイス利用料
シェアパック

子回線③:お母さん(妻)
契約端末:iPhone7(月々サポート有り)
利用端末:キッズケータイカケホーダイライト(スマホ/タブ)→シンプルプランにする予定
シェアパック

子回線④:お母さん(妻)
契約端末:iPadmini4(端末購入サポート)
利用端末:なし
データプラン(スマホ/タブ)
シェアパック

子回線⑤:お母さん(妻)
契約端末:iPadmini4(端末購入サポート)
利用端末:なし
データプラン(スマホ/タブ)
シェアパック

現在このような感じです。

もっとあったのですが、月々サポート終了と共に解約していきまして、ドコモは現在6回線のみになりました。auに6回線ありますが、解約予定なので放置です。

 

スマホのプラン変更のためドコモの携帯から151へ電話

f:id:mileagelove:20171118163130p:plain

 

音声ガイダンスにしたがって、料金プラン変更の窓口につないでもらいます。

MNPが下火になったので、昔のようになかなか繋がらないなんてことはありません。

ガイダンス途中でもダイヤルプッシュすればつながります。

上記記載の通り、「④ー①」で早く該当箇所にたどり着きます。

 

今回代表回線の僕のiPhone7からかけたので、自動的に契約者情報が把握されます。

本人認証のため、「ネットワーク暗証番号」を求められますので準備しておきましょう。ネットワーク暗証番号は「数字4桁」になります。

 

ドコモに電話して家族名義の子回線を変更してみた

子回線④:お母さん(妻)
契約端末:iPadmini4(端末購入サポート)
利用端末:なし
データプラン(スマホ/タブ)
シェアパック

子回線⑤:お母さん(妻)
契約端末:iPadmini4(端末購入サポート)
利用端末:なし
データプラン(スマホ/タブ)
シェアパック

今回対象としたのはこの2回線です。

完全に寝かせている回線で、既に維持コスト以上の回収は済んでいます。シンプルプランにするのを放置していました。ドコモの151窓口とのやりとりはこんな感じです。

 

ぴーじぇい「あのー、現在妻名義になっている回線をシンプルプランに変更してほしいのですが。」

 

ドコモ窓口「ご家族間変更ですね。かしこまりました。では、代表回線のご契約者様と電話番号、それから対象回線のご契約者様と電話番号を教えてください。」

 

ぴーじぇい「代表回線は僕で名前はぴーじぇいです。電話番号は080-****-****です。妻の名前はぴーじぇい妻です。今回対象は2回線あり、1回線目は090-****-****です。2回線目は070-****-****です。」

 

ドコモ窓口「かしこまりました。・・・・・。現在のご利用端末はどのようになっておりますでしょうか?」

 

ぴーじぇい「契約端末はiPadAir2ですよね。使っていないので、シンプルプラン(スマホ)に変更してください。」

 

ドコモ窓口「左様でございますか。タブレットでは利用されないということでよいでしょうか。シンプルプランはスマートフォン用のプランになるため、それ以外で利用されれると指定外デバイス費用が別途かかります。」

 

ぴーじぇい「知っています。使わないので大丈夫です。」

 

ドコモ窓口「かしこまりました。それでは変更します。奥様は同意済みということでよろしかったでしょうか。」

 

ぴーじぇい「はい。同意済みです。」

 

ドコモ窓口「それでは変更します。しばらくお待ちください。」

といったやりとりで、だいたい5分程度の会話で終了です。簡単ですね。

久しぶりにドコモの151窓口に電話しましたが、家族間変更についてはドコモが一番柔軟だと思います。auはいちいち代わらないとダメなので、妻からよく文句言われていました。

 

ドコモのずっとドコモ割と端末購入サポートと2年縛りは罠がある

f:id:mileagelove:20171118165120p:plain

 

2016年6月より、長期契約者への優遇プランとして始まった「ずっとドコモ割」ですが、ドコモを16年も続けている僕はやめる気もないので、もちろん適用させています。

しかし、これがアダとなってしまっていたのもあり、今まで放置していました。

 

ドコモの契約はそれぞれの契約期間は全て独立している

端末購入サポートで購入したiPadAir2
①回線の契約満了月:2017年10月31日
②違約金なしの自由期間:2017年11月、12月
③購入サポート満了日:2018年1月31日

この期間内に機種変を含む変更を実行すると、高額の違約金がかかります。これのどこが罠なのか、それが一発でわかった人は素晴らしいです。

 

ドコモのシェアパックに入っている子回線はフリーコースに変更できない

「シェアパック」および「2台目プラス」の子回線は、代表回線が「ずっとドコモ割コース」契約中の場合、「フリーコース」に変更することはできません。

これが足を引っ張ります。契約期間が全て独立しているのと合わせて、ものすごく使いにくくなっています。

本来であれば、①回線の契約満了月が来て②違約金なしの自由期間である、2017年11月と12月に自由にMNPでも解約でもできるはずですよね。

しかし、このiPadAir2回線は子回線でシェアに入っていて、代表回線はずっとドコモ割の2年縛りに入っています。

子回線は2年縛りなしのフリーコースに変更できないため、2018年1月より自動的に2年縛り回線になります。。。

 

では、2017年12月に解約すればいいじゃん!と思うかもしれませんが、そこで邪魔するのが③の端末購入サポートの縛りになります。

そう、2018年1月31日まで端末購入サポートで拘束されてしまっています。

 

結論として、iPadAir2の子回線は2018年2月にならないと端末購入サポートの違約金を逃れることができないのですが、その頃には既に回線自体の2年縛り期間に突入してしまっているので、結局違約金が必要となります。。

 

ドコモのシェアパックの子回線をフリーコースに変更する方法がないわけではない

それは、シェアを抜けて代表回線にするしかないです。

その場合、一番安いパケットプランにしたいのですが、そうするとシンプルプランにはできません。

 

シェア子回線を代表回線として独立させた場合の費用

カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ):1,700円

データSパック(小容量)(2GB):3,500円

シェアオプション:500円

合計5,700円×2ヶ月(1月、2月)=11,400円(税抜)

 

今のままシェア子回線で解約した場合の費用

シンプルプラン(スマホ):980円

シェアオプション:500円

違約金:9,500円

合計1,480円×2ヶ月(1月、2月)+9,500円=12,460円(税抜)

 

差額1,060円でシェア子回線を代表回線として独立させた方が安くなりました。

しかし、電話でできない為ドコモショップに出向く必要がるのに加え、妻名義の為「委任状」も必要になります。

これは面倒。工数考えると全くお得感がないので却下ですね。

 

ここまでしてドコモを持つメリットはあるのだろうか?

・今更乗り換えるのがめんどくさい。
・なんだかんだで、維持費を安くする方法が唯一残っている。
・dポイントが見逃せなくなって来ている。

 陸マイラー的にも、お得なお小遣い稼ぎ的にも、dポイントを見逃すわけにはいきません。dポイント自体はドコモ回線を持っていなくてもいいのですが、「ドコモ口座」や「dケータイ払い+」を活用するにはドコモ回線が必須です。

直近でのドコモ口座のお得なキャンペーンについては、もにもにたさんの記事が参考になります。

 

スポンサーリンク
 

 

ドコモの変更まとめ

ドコモの家族名義に子回線のプラン変更は、代表回線契約者の家族であれば電話で容易にできます。前述した通り、auは家族と言えども電話ではできません。

それと比べると、ドコモは柔軟に対応可能です。新しいプランがお得なのであれば、その都度変更する価値は十分にあります。

 

格安SIMや格安スマホがはやってはいますが、ドコモを上手く活用すれば一番安くできると考えています。長期回線保有者の優遇に動く大手キャリアですが、だからこそ持っておくと得する場合も出て来ます。

ただし、色々な施策の契約タイミングや違約金発生のロジックは複雑怪奇なところもあるので、都度電話やショップで確認しておく必要もあります。

 

格安SIMや格安スマホ業者との大きな違いは、やはりサポートデスクが充実している点になります。せっかく安くない費用を払っているのですから、活用しまくるべきだと考えています。

 

ではでは。

 

家族旅行関連記事 

★爆発的にJALマイルを貯める方法

 

★爆発的にANAマイルを貯める方法

 

★アメックスゴールドは初年度無料!さらにキャンペーンが熱い!

 

★宮古島へタダで行けました。