イクメン陸マイラーの、家族を旅行に連れてって!!

自称イクメンが、陸でマイルをせっせと貯めて、安くあわよくばタダで沖縄などに家族旅行で行く記録。絵本の読み聞かせや、子連れレジャーについてのイクメン独自情報もあり。世の中の全ての父親の為に。

【子づれ旅行安く節約する裏技】年間一人216,000マイル貯めて、タダで沖縄やハワイに行く方法。日々の生活費も節約できて、安くお得に家族旅行を楽しみましょう!!!

f:id:mileagelove:20160626210838j:plain

 

タダで沖縄やハワイに行く為にマイルをどうやって貯めるのか

 

ここで書いている方法を実践することで、誰でもANAマイルを年間216,000マイル貯める事が可能になります。

  • ポイントサイトのハピタスでポイントを貯める
  • 貯まったハピタスポイントをドットマネーのポイントに交換する
  • ドットマネーからメトロポイントに交換する。
  • メトロポイントを毎月20,000ポイント→ANA18,000マイルに交換する

最初は半信半疑でしたが、旅行に連れていく使命を達成し続けるには背に腹は代えられず、2016年年始より取り組んできました。これで実際にマイルが貯まり、渡航費用は特典航空券でタダになり、全体の旅費を安くすることに成功しています。

家族旅行でタダで沖縄やハワイに行く為、それぞれの要点を説明していきます。節約上手になりましょう。

(まずは実績)2016年1年でタダで沖縄に行ける程実際に貯まりました。

f:id:mileagelove:20170203132647j:plain

<参考>2016年イクメン陸マイラー総括

搭乗回数:60レグ

獲得マイル(ANA):自分257,409マイル ヨメ59,804マイル 合計317,213マイル

利用マイル(ANA):▲145,000マイル

プレミアムポイント:56,774ポイント(プラチナステイタス)

合計約31万マイル貯まりましたので、夏の家族旅行での渡嘉敷島4泊5日に使いほぼタダで沖縄に行けました。4泊5日あるとかなりゆっくりできます。

始めた当初は正直ここまで貯まるとは思っていませんでしたが、意外にあっさり貯まりました。

また、大量のマイルをANAスカイコインとして旅行を取ったのもあり、沖縄のホテルやレンタカー代もマイルで支払った形になったので、結果としてかなり安く4泊5日の沖縄旅行を実現させることができました。

2017年2月3日現在の保有マイル数は上記キャプチャの通りです。一気に90,000マイルほど使ってしまったので、ファミリーマイルで20万マイルを切ってしまっています。それでも、クレジットカード決済だけでは庶民には到底貯める事ができないマイル数だという事がわかると思います。

家族旅行の旅費をマイルで大幅に節約することで、全体の経費も節約可能になりました。

 

f:id:mileagelove:20170203132904j:plain

また近々行く旅行では、ヨメ両親分の飛行機代を貯まったマイルでプレゼントします。計6人分になりますので、99,000マイル消費します。99,000マイル消費しても、毎月「東京メトロポイント移行マイル」として18,000マイルがコンスタントに入ってくる為、安心しています。

貯まったマイルは使ってなんぼです。この様に、親孝行にも役に立ちます。タダで飛行機に乗れるので、財布も傷みません。今しかできない親孝行ですので、ぜひ連れて行ってあげましょう。喜ばれますよ。

この仕組みを利用してマイルを貯め、我が家は毎年タダで沖縄に行っています。

実際にどのようにして、貯めるかを説明していきます。

 

手順①:ポイントサイトハピタスを利用してポイントを貯める

  • ポイントサイトは、わかりやすく書くと自己アフィリエイトになります。
  • ハピタスに掲載されている広告からサービス利用する事で、広告利用料としてハピタスからポイントをもらえます。
  • もらったポイントは現金にしたり、他のポイントへ交換する事ができるようになります。
  • イトーヨーカドーネットスーパーや楽天など、日々の生活費の節約にも貢献します。

 

例えばあなたが楽天で買い物をする際、どのようにされるでしょうか?おそらく、楽天市場のホームページから直接買っていると思います。当たり前ですが、それで正解です。

しかし、年間20万マイル、30万マイルと貯めてタダでハワイに行っている先人達は違います。と言っても小難しいことはせず、ハピタスというポイントサイト経由で楽天市場にアクセスしています。これで、普段の楽天やYahoo!ショッピングでの買い物も、さらに安くすることができてしまいます。

 

 例えば、数あるポイントサイトの中でも一番人気のあるハピタスで「楽天」と検索すると、このような一覧が出てきます。

f:id:mileagelove:20160712000502j:plain

 

f:id:mileagelove:20160712000548j:plain

赤枠で囲んだように、各サイトにここから入れば購入価格の◯◯%のハピタスポイントと言う独自ポイントを貯めることができます。

例えば、楽天で10,000円の買い物をしたとすれば、ハピタスで100Pもらえるわけです。それらは、1P=1円として銀行振込も可能ですので、お小遣いサイトとして活用されています。

 

マイルに興味がなくても、普段のWebショッピングでさらに安く買えるなら、いいと思いませんか??

 

ハピタスへの登録がまだの方は、今なら下記バナーから新規でのハピタスへの登録で300ポイント(30円分)もらえます。もちろん自分にも紹介ボーナスが入るので紹介しています。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

我が家の日々の食材は「イトーヨーカドーネットスーパー」を利用しているのですが、もちろんハピタス経由にして節約しています。

 

ただ、それでどうやって年間20万マイルも貯めるんだYO!!って突っ込まれそうですので、順を追って書いていきます。

 

手順②:マイル化の仕組み(ソラチカルート)ソラチカカードを作ろう

f:id:mileagelove:20160725193805p:plain

先ほどのハピタスというポイントサイトの他にも、数多くのポイントサイトが存在します。ただ、ハピタスはそもそも直接ANAマイルに交換できませんし、その他のサイトでは単独でもANAマイルに交換可能ですが、交換レートが低いためせっかく貯めたポイントが目減りしてしまう欠点があります。

 

f:id:mileagelove:20161208223846j:plain

その欠点を補う為、「ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB」というクレジットカードのメトロポイントを利用します。

上の図の中で、各ポイントサイトのポイントが集まる場所にあるのがソラチカカードとなります。ソラチカカードで貯まるメトロポイントを最終的にANAマイルに交換します。

これが巷で言うところの、「ソラチカルート」です。家族旅行で安く、もしくはタダで沖縄やハワイに行くには、必須のカードになります。基本的に死蔵カードになりますが、カード更新時に1,000ANAマイルもらえますので、作りましょう。

 

家族旅行を安く、もしくはタダで沖縄に行きたい、タダでハワイに行きたい、なんだか面白そうと思った方は、まず下記よりソラチカカードを作りましょう。

これがないと、何も始まりません。あーだこーだ言う前に、必須な物は必須なのです。

作ったら、年会費(税別2,000円)は2年目からかかりますが、東京メトロに乗る機会がない方は寝かせておきましょう。更新時に1,000マイルもらえますし。

陸マイラー的には、そういう位置付けのカードと捉えてください。

 

 

手順③:ハピタスポイントをドットマネーに交換する

  • Amebaへ登録しドットマネーへの交換ができるようにする。
  • ドットマネーを経由するのは、ハピタスポイントから直接ANAマイルにはできない為、一番効率よく交換するルートを作る。
  • ドットマネーから手順②のメトロポイントに移行する。
  • ドットマネーから直接ANAマイルにしてはいけない

 

f:id:mileagelove:20160725193805p:plain

 

ドットマネーは、サイバーエージェントが運営するポイントサイトになります。

Amebaのアカウントがあれば利用可能ですので、まだ登録されていない方はAmebaアカウントを作成してください。

 

f:id:mileagelove:20170703181522j:plain

 

このドットマネーからの交換先として、「メトロポイント」「ANAマイレージクラブ」があるのがわかります。

ではなぜ直接「ANAマイレージクラブ」にするのではなく、まずは「メトロポイント」にワザワザ交換するのでしょうか。

理由は、「メトロポイントを経由する事で交換率がよくなる」からです。

手順②のソラチカカードで述べた通り、メトロポイントからANAマイルへは100ポイント=90マイルと、90%の交換率になります。

ドットマネーからメトロポイントへは、300マネー=300ポイントの等価交換が可能ですので、ハピタスポイントを90%でANAマイルへ交換できることになります。

 

しかし、ドットマネーから直接ANAマイルに交換すると、300マネー=85マイルに目減りしてしまい、わずか28%に悪化してしまいます。もったいないですね。

 

手順④:メトロポイントからANAマイルへ交換

  • メトロポイントからは月20,000ポイント(18,000マイル)しか移行できない。
  • 毎月11日に移行可能になるため忘れないように。
  • メトロポイントは有効期限が1年なので、貯めすぎないように管理する。

 

f:id:mileagelove:20160607204800p:plain

 

メトロポイントまで移行できると、後は最終目的地のANAマイルへランディングです。

メトロポイントは月20,000ポイントまでしか移行できませんので、結果として月18,000マイルが上限となります。

まずはTokyo Metro To Me CARD 会員専用サイト|ログインからログインしてください。「メトロポイント移行申請」タブを選択すると下記の画面に遷移します。

f:id:mileagelove:20160607204909j:plain

毎月7日以降には、赤枠の部分ががアクティブに変わります。それまでは交換中という表示で、グレーアウトされています。これで移行作業が開始できます。

 

f:id:mileagelove:20160607204955j:plain

注意ポイントを確認しましょう。一ヶ月の交換上限がメトロポイントで20,000ポイントまでとなります。これの90%となるので、月18,000マイル×12ヶ月で216,000マイルとなります。

 

f:id:mileagelove:20160607205045p:plain

これで送信すれば完了です。安定していませんね。残りポイントがこれだけになっちゃいました。。毎月交換できるよう、陸マイラー活動を頑張る必要がありますね。ソラチカルートがきっちり回り出すと、気軽に飛行機に乗る事ができます。我が家で言うと、長女が水族館好きなので、飛行機で行ける範囲で全国の水族館に行ってみようという話を常にしています。

 

ここまでできれば、後は毎月18,000マイルが貯まるのを眺めておき、貯まったところで特典航空券を発行すればOKです。これで家族旅行を安く節約でき、タダで沖縄やハワイに行く事ができるようになります。また、その他の旅費にも充てられますので、家族旅行全体の費用を安くすることにも貢献します。

また、ANAファミリーマイルとして家族のマイレージ口座を統合すれば、例えば夫婦で432,000マイル貯めることができるようになります。実際に我が家では2016年1年で30万マイルに到達しました。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。まずはハピタスでポイントを貯めないと始まらないのが理解できたのではないかと思います。

 

 

重要:なぜハピタスが一番なのか

  • 手堅い経営で安定している。
  • 陸マイラーでは必須ポイントと認識されている。
  • 友達紹介精度でのポイント還元対象に対象外がない。

 

f:id:mileagelove:20170202171449p:plain

 

交換上限が月に30,000ポイントまでと制約があるにも関わらず、なぜハピタスを一番オススメしているのかというと、友達紹介制度でのポイント還元対象に対象外がないからです。

他のポイントサイトでは、まず高額のクレジットカードやFX口座開設関連は友達紹介ポイントの対象外となる事が多いのですが、ハピタスは全案件が友達紹介ポイントの対象となっています。

 

 

★下記バナーより登録していただくと、実は私にもボーナスが入ります。ただ、決して登録していただいたあなたのポイントから減額するわけではなく、ハピタスからもらえる仕組みです。ですので、あなたも家族を紹介して家族もハピタスで案件を実施すれば、あなたにもボーナスが入りますので、ぜひ家族で楽しんでみてください。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

ポイントを大量に稼ぐには

  • クレジットカード新規発行
  • FX(為替証拠金取引)

家族旅行を安く節約し、もしくはタダで沖縄やハワイに行っているマイラーさんが、必ずやっているポイント案件となります。

それ以外にも外食モニターなどありますが、まずはこの3つと考えていいと思います。安く、もしくはタダで沖縄やハワイに行くには、大きく貯める必要が出てきます。避けて通れません。大きく貯める事ができればその分お小遣い化にもなるため、旅行費用にも充てることができるようになります。それで全体としての費用も安くできます。

その中で、ハピタスで毎週注目案件が登場するのが、「みんなdeポイント」になります。

 

(必ずチェック!!)みんなdeポイントとは

f:id:mileagelove:20170202154506p:plain

みんなdeポイントは、ネット上の人気サービスや人気商品に対して、ご利用価格の最大100%のポイント還元など、期間・参加人数限定の新しいお得なサービスです。

ハピタスにログインしたら、まずは必ずチェックしましょう。自分も真っ先にここをチェックします。期間限定でポイントアップされている案件が出てきます。

 

みんなdeポイントの特長

1)期間限定!

みんなdeポイントを開催している期間は、約2~4日間と短い期間なので、見逃し注意!

2)参加人数限定!

数に限りがあるので、残りの参加可能人数もチェックしよう!

3)不定期開催!

不定期で開催されるから欲しい商品・サービスがないか、こまめにチェックしよう!

お得な案件の特集なので、すぐになくなってしまう事も多いです。めぼしい物を見つけたら、迷わず実行する事をオススメします。不定期開催となっていますが、毎週月曜日、木曜日の12時に更新されていると思います。

 

クレジットカード新規発行 

f:id:mileagelove:20161112002204p:plain
f:id:mileagelove:20161112002353p:plain

例えばダイナースクラブカードの新規発行をハピタスですると、現在12,000ポイントもらえます。これは、11,070マイル分になります。

ダイナースは年会費無料ではないのですが、年会費無料のクレジットカードを発行するだけで10,000ポイント付与される物もありますので、そのようなお得な案件は「みんなdeポイント」に期間限定、数量限定で登場します。

ただ、何枚も立て続けに発行できるわけではないので、自分の場合は月1枚を限度に発行していっています。クレジットカードの審査については、与信情報を確認する事で知る事ができます

昨年のアメリカンエキスプレスゴールドカードの騒ぎ(雨金祭り)の際にも話題になりましたが、自分が信用情報機関の一つCICに確認してみた際の体験談は、下記記事を参考にしてみてください。

 

FX新規口座開設(外国為替証拠金取引)

FX案件は、取引を伴う物がほとんどですので、慎重に実施しましょう。そこで損をしては、何のためにポイントを貯めているのかわからなくなります。とは言え、かなり大量に稼げるため、簡単な物を見つけて挑戦しましょう。

 

f:id:mileagelove:20170202160439p:plain

例えばハピタスでよく高額ポイントになっている「外為ジャパンFX」の場合、15,000ポイントと高額になっています。要チェックのポイント獲得条件ですが、このようになっています。

【ポイント獲得条件】

  • 新規口座開設+初回入金5万円以上+申込日から60日以内に新規1lot以上の取引完了(0.1Lotの注文+0.1Lot決済)×10回も対象となります。
  • 法人様の口座開設も対象となります。
  • DMMFX/DMM CFDの口座をお持ちでも、対象となります。

 外為ジャパンFXの取引方法の記事も書いています。現在の条件としては、書類が届いたらまずは5万円入金してください。それで1つ目の条件クリアです。

その後、60日以内に1lot以上の取引ですので、簡単な条件の案件になります。一番一般的なドル円でいいですので、買いと売りを1度だけやりましょう。それで2つ目の条件クリアです。

後はポイント付与を待つだけですが、注意点としてはポイント付与を確認するまでは出金しないようにしましょう。ごく稀に、出金されるとポイント却下される事があるようです。自分はポイント付与を待ってから出金していますので、今まで一度も却下はありません。

また、あくまでもポイント獲得とANAマイル化が目的ということを忘れずに、必要以上の取引はやめておきましょう。 

せっかく飛行機代をタダにでき、旅行費用を安くできてもここで損してしまっては意味ありませんよ。

 

どれだけ獲得できるのか

f:id:mileagelove:20170202163039p:plain

上記2つを実施するだけで、24,300マイル獲得ができました。

ここで重要なソラチカルートですが、その中継サイトとなるポイントサイトを紹介していきます。

 

 

ポイントを効率良く貯める為に

案件を効率よく調べる

ポイントサイト案件比較検索 / どこ得?

f:id:mileagelove:20170202163927p:plain

ポイントサイトを横断して検索する事ができ、陸マイラーだけではなくお小遣い稼ぎをやっている方々からも重宝されている検索サイトです。検索窓に例えば「外為ジャパンFX」など入力すると、このようなランキングがでます。このサイトで、案件比較を行い、一番いいポイントサイトを使うのも一つの方法です。高還元のサイトに絞って使う事で、結果として旅費を安くすることにもつながります。

 

ポイントの交換先を調べる

ポイ探

f:id:mileagelove:20170202164332j:plain

移行元と移行先のポイントやマイルを選択して、ポイント数を入力します。オプションで、ANAマイルの場合の交換先として「ソラチカカード」にチェックを入れる事を忘れないようにしてください。これで、ソラチカルートでの計算がされます。

 

 

 

年間20万マイルの世界・・・安く、もしくはタダで沖縄やハワイに行けます。

実際にタダで沖縄に行ったときに予約した記録です。実際にタダで行ってみると、観光やお土産などに費用を割けるので、非常に楽になります。それを実感しました。子連れ家族旅行の場合、人数分だけ費用がかかりますので、これは助かりました。毎年行きたいですね。

 

交通費、宿泊費をマイルからANAスカイコインに交換して充当したため、飛行機代だけではなく旅費その物をタダにできました。本当の意味でタダで沖縄に行けたことになります。ANAスカイコインにすれば飛行機だけではなく、旅行自体をタダで買うことが出来るようになります。

 

我々子育て世代が移動する際の最大のネックは、交通手段とその費用になると思います。特に遠方になればなるほど、更には海外ともなると全てにおいて敷居が高くなります。人数が増えるので、それは仕方ありません。

では、そこで諦めるのではなく、マイルを貯めて移動の自由を手に入れるのです。

 

お子様のご予約について|ご予約/旅の計画|国内線航空券予約・空席照会|ANA

ANAの公式サイトでは、小児、幼児の区分はこのようになっています。

  • 小児・・・ご搭乗日の年齢が3歳~11歳のお子様
  • 幼児・・・ご搭乗日の年齢が生後8日~2歳のお子様

例えば、みんな大好き沖縄にレギュラーシーズンに行くと仮定し、4席分を特典航空券で取るとこうなります。関空ー那覇です。

f:id:mileagelove:20160714135742j:plain

 往復合計60,000マイルが必要ですね。ショッピングマイルだけで貯めるには、到底不可能です。資金も時間も。

しかし、先ほど例にあげたクレジットカード2枚発行で、22,545マイルをあっさり獲得する事が可能になります。

 

先ほど例に挙げた2つの案件で、すでに24,300マイル獲得できています。

あ、60,000マイルって意外にすぐ?って思いませんか?

 

まとめ

繰り返しになりますが、安く、もしくはタダで沖縄やハワイに行く為のマイルを貯めるポイントは下記となります。

  • ポイントサイトでポイントを貯める
  • 貯まったポイントをマイルに交換する
  • 家族分の特典航空券を取得する

あと、めんどくさがらない、クレヒス(信用情報)の2点に気をつければ、誰でも簡単に移動の自由を手に入れることが出来ます。これで、タダで沖縄やハワイに行く事ができるようになります。

毎年このペースで貯めることができれば、タダで沖縄、ハワイとは言わず、世界一周も可能になってきます。さらに、家族でビジネスクラス、もっと貯まればファーストクラスも夢ではなくなってきますね。

少なくとも、家族でタダでハワイにビジネスクラスで行くぐらいなら、すぐ貯まります。

子連れ旅行で大変なのは、費用面が最も大きいです。子どもに色々体験させたいと思えばお思うほど、費用はかさんできます。ポイントサイトを利用することでマイルも貯まるので、家族旅行全体の費用を安くすることができるようになります。

お金がかかるからと行かない理由を作るぐらいなら、行ける方法を実行すべきだと思っています。タダで沖縄やハワイに行けて、家族旅行全体の費用を安くできるならいいと思いませんか???

 

「てるみくらぶ」騒動にみる、マイルを貯める意義

2017年3月27日に格安旅行会社「てるみくらぶ」と関連会社の「自由自在」が破産しました。この破産により、旅行前、旅行中の人たちがホテルを追い出されたり、飛行機に乗れなかったりと散々な目に合っています。

決して格安旅行会社がダメなわけではないですが、それなりのリスクがあるという事を知らしめる件となりました。

マイルを貯める事ができれば、直接航空会社の特典航空券の予約ができる為、旅行会社経由特有のリスクはなくなります。

多少手間はかかりますが、大量のマイルを貯める事ができるようになりますので、安く、もしくはタダで、しかも安全に家族旅行を楽しんでください。

 

ではでは

 

家族旅行関連記事

★爆発的にマイルを貯める方法

 

★特典航空券フライトの事後登録をした件

 

★家族で外食を楽しみマイルを爆発的に貯める不思議な方法

 

★少ないマイルの有効活用方法(タダでキッザニアに行く)

 

★子連れでの飛行機旅行の不安を解消する方法

 

スポンサーリンク