イクメン陸マイラーの、家族を旅行に連れてって!!

自称イクメンが、陸でマイルをせっせと貯めて、安くあわよくばタダで沖縄などに家族旅行で行く記録。絵本の読み聞かせや、子連れレジャーについてのイクメン独自情報もあり。世の中の全ての父親の為に。

PeXからメトロポイントの手数料が無料になった!ECナビ、ファンくるからのメトロポイント交換がしやすくなった!

f:id:mileagelove:20170930221908p:plain

 

ハピタスやモッピーをはじめとしたポイントサイトから、ソラチカカードのメトロポイントへの交換を行う場合、ここ最近は.money(ドットマネー)経由が主流となりました。

ハピタスが.money(ドットマネー)への交換を始めるまではPeXが主流でしたが、交換の度に発生する500ポイント(50円)の手数料がネックとなっていました。

.money(ドットマネー)は手数料無料なので、全くPeXを利用しなくなりましたよね。

そんなPeXですが、この10月1日よりメトロポイントへの交換手数料が無料になりました!!

また、ECナビでは10月1日のお昼12時より、「ECナビ買っ得フェス」がスタートする予定です。楽天などのネットショッピングが、かなりお得になるようですので、こちらも期待です!

 

スポンサーリンク

 

ハピタスからPeXへ移行するメリットはない

f:id:mileagelove:20171001002319p:plain

 

色々なポイントサイトが.money(ドットマネー)に対応し始めた為に集約できる。

ドットマネーコードへの交換となる為、家族のメトロポイントへも移行できる。

これらの理由から、.money(ドットマネー)経由でのメトロポイント移行ができるようになったので、あえてPeXを経由する必要はないと考えています。

例え手数料が無料になったとしても。

 

PeXの活用シーンは他にある

f:id:mileagelove:20170930184443p:plain

 

それでも自分はそれなりにPeX経由でのポイント移行を利用しています。

上の図の様に、「ECナビ」「ファンくる」を利用する場合は今の所PeX経由でしかメトロポイントに交換ができないからなんです。

 

ファンくるよりECナビで外食モニターをする理由 

ファンくるのメリットは、もちろん外食モニターシステムの元締めなので、毎月1日の新モニター更新が一番早いということです。

ですので、毎月1日の0時になるとサイトが重くなりますね。で、このファンくるからメトロポイントに交換するには、必ずPeXを経由する必要があるんです。

 

しかし僕はファンくるを利用せず、外食モニターはECナビで行なっています。

理由はただ一つ、唯一外食モニターでも紹介ポイントが付与されるから!です。

以前は外食モニターでも紹介ポイントが付与されていたポイントタウンがやめてしまって、あの時は結構な衝撃が走りましたね。今の所、ECナビでは紹介ポイントは付与されています。

要チェック記事:ECナビの外食モニターなら紹介ポイントも入る!

 

ECナビをこれから利用してみようと思った方は、下記バナーからの登録で500ポイント(50円分)早速ボーナスがもらえます。

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

まとめ

陸マイラーに対してPeXを推すのは正直しんどいところです。

しかし、.money(ドットマネー)との連携が進んだ背景には、間違いなく陸マイラーの動きがあります。

 

その動きは大きくなるばかりではなく、モッピーがJALマイルのキャンペーンを10月1日本日から更に強化したのも、陸マイラーの活動量が認められた証拠です。

 

そこにECナビも本気を出してきたのだと思い、ついにPeXからメトロポイントへの手数料無料化が実現したんですね。

 

本音を言うと.money(ドットマネー)へのルートも作ってもらいたいところですが、いかんせんECナビとPeXは運営会社が同じなのでなかなか難しいかもしれませんが・・・。

 

とにかく僕が陸マイラーを始めた頃はPeX一本しかなく、当時はPeXの改悪があったら終了だなと戦々恐々としていたところに、.money(ドットマネー)が登場した経緯があります。

 

今は.money(ドットマネー)一強になってしまっていますが、逆にここの改悪がなんらかしらあると怖いので、PeX経由のルートが改善されたことは非常に意義が大きいと思います。

うまくどちらも活用していきたいですね!

 

ではでは。

 

家族旅行関連記事

★爆発的にJALマイルを貯める方法 

 

★爆発的にANAマイルを貯める方法

 

★アメックスゴールドは初年度無料!さらにキャンペーンが熱い!

 

★宮古島へタダで行けました。

 

 

スポンサーリンク