イクメン陸マイラーの、家族を旅行に連れてって!!

自称イクメンが、陸でマイルをせっせと貯めて、安くあわよくばタダで沖縄などに家族旅行で行く記録。絵本の読み聞かせや、子連れレジャーについてのイクメン独自情報もあり。世の中の全ての父親の為に。

飛行機は決して高くはない!むしろ一番安い移動手段。

f:id:mileagelove:20161206011405j:plain

マイルを貯めるのは難しいのか

1年前までは難しいと思っていました。仕事でいっぱい飛行機に乗る人が、ご褒美に貯まるものだと思っていました。飛行機で旅行するなんて、贅沢の極みだと。さらにビジネスクラスやましてやファーストクラスなんて、庶民には高値の華すぎるだろうと。

陸マイラーを始めたきっかけは上記記事になるのですが、次の沖縄旅行はどうしようかと本当に頭をかかえていました。もちろんお金出せば行けるのですが、教育費もかかってくるしどうしたものかと。

陸マイラーの端くれとして走り出して、ちょうど一年が経ちましたので色々思い出してみようと思います。

感謝感謝

f:id:mileagelove:20161205231859j:plain

誰もが同じ行動を取っていると思いますが、Googleで「マイルを貯める」と検索するとAdwords広告の下に出てくるのがテラヤマアニさんの「ANAとマイルのパパじゃない」ですよね。年間216,000マイルを貯める方法は、他のサイトでも書かれています。ですので、あながち嘘ではないのだろうと言うことはわかっていました。でもどのサイトもポイントサイトへの露骨な誘導なんですよね。(お前が言うなってw)

今からマイルを貯めようと思った素人は、疑問点があれば必ず戻ってきて読み返します。当時の自分は、その教科書が「ANAとマイルのパパじゃない」でした。ANAマイルにかんするデータベースとして、これ以上の教科書は今の所存在しません。

ブロガーでこんなことを書くと、敵塩じゃねーかwと笑われると思いますが、役に立つなら紹介すべきでしょう。もしかしたら、自分のサイトを始めて見た方もいるかもしれませんから。陸マイラーの楽しさを教えてくれたのも、「ANAとマイルのパパじゃない」ですので、感謝感謝なのです。

 

本当に貯まったのか?

2015年末より取り組み出して、わずか4ヶ月で10万マイルを軽く突破した辺りから、これは確実に貯まるぞと感じました。実感できてきた瞬間です。そこで2016年5月に早速当初の目的であった毎年恒例の沖縄旅行に利用しまして、▲10万マイル目減りしましてこの時点で残りが5万マイルとなり、しょんぼりしていました。でも陸マイラーを始める前とは気分的に全然違っていて、減ったらまた増やせばいいかなと思えるようになりましたね。この気持ちの変化は非常に大きかったです。

 

家族旅行が非常に楽になった

飛行機ってロマンがありますよね。空を飛ぶ手段って、今の所飛行機やヘリしかないんですよ?どうせ移動するなら、ワクワクする方がいいに決まっています。新幹線でもいいのですが、どうもそのワクワク感がないのと、一時期毎週のように乗っていたので飽きちゃいました。最大の難点は、新幹線って人数分取ると以上にお金がかかることですね。娘達も大きくなってきて、旅行代金がかなりかかるようになってきましたが、飛行機であれば、マイルを利用すればタダなんですから。

 

でも飛行機には色々リスクもある

これは出張時でしたが、記憶に新しい大韓航空機の炎上事故にドンピシャで遭遇してしまいました。このようなリスクは飛行機にはつきものです。確率だけで言えば、新幹線の方が低いと思われます。それでも何故飛行機を選択するのかと言うと、新幹線との差別化でもあるホスピタリティの差でしょうか。そう言うのに興味のない人には理解不能でしょうけど、旅は快適にと言うのが自分のモットーなので乗るまでにも色々楽しみがあるのは嬉しいです。この時はヒヤヒヤしましたけどね。

 

こんな小さなトラブルも起きますが、遅れたら遅れたで独自のサービスを提供してくれることもあるので、家族のイライラも収まります。どうせ早く帰っても、早く現実に戻るだけですからね。これが飛行機以外だと、遅れました、我慢してくださいで終わるんですよ?マイルでタダで飛行機に乗ろうとしているのに、機材が遅れるという理由だけで独自のサービスまで提供してくれるって、ありがたいですよね。

家族旅行で大事なのは、何か起きた時のバックアップがあるかです。 

別に普通席、エコノミークラスでもいいんですよ。飛行中のトラブルより、空港で待機させられるトラブルの方がはるかに多いはずです。新幹線など電車であれば、その瞬間駅で待ちぼうけするしかないのですが、空港であれば各種ラウンジがあります。別に航空会社のステイタス会員じゃなくても、その辺のゴールドカード持っておけばだいたいのカードラウンジには入れますので、出発ロビーで場所の取り合いするより遥かにましだと思います。と言うような事ができるのも、飛行機旅行だからですね。

 

バックアップを充実させる為のステイタス取得

別にカードラウンジでもいいのですが、できるならばもっと確実にしたいと思いました。一部例外もありますが、カードラウンジはほとんどが保安区外にあります。そして、空港で一番混雑するのは保安検査場になります。保安区外のカードラウンジでゆっくりしすぎて、バタバタになった事は数知れず・・・。ステイタス会員や上級シートへの搭乗であれば利用できる、航空会社のラウンジであれば、保安区内になるので安心です。そのように思うようになり、ANAのステイタスが欲しいなぁと思うようになったわけです。

 

それなりに国内出張があったので、これをうまく利用してなんとかANAのプラチナメンバーになれましたので、晴れて普通席でもANAラウンジの利用ができるようになりました。これね、庶民だからこそプラチナからスーパーフライヤーズを取得するメリットが出るんですよ。普通席でもサービス利用ができるようになるので。

いつもビジネスクラスやファーストクラスにしか乗らない人は、無理にステイタス目指す必要もないんですよね。そう言う人周りにいます。フライトポイントは十分貯まっているはずなのに、スーパーフライヤーズって何?みたいな友人が。

脱線しましたが、庶民だからこそ家族旅行でステイタス会員のサービスが更に活きてくるんですよね。

 

じゃあ今どれぐらいマイルがあるのか

f:id:mileagelove:20161206002144p:plain

2016年12月6日時点でのマイル数です。現在の有効マイル残高が、自分個人の保有マイルになります。2016年5月に5万マイルまで目減りして、更に長崎へも特典航空券利用で減っているので、わずか7ヶ月でここまで再び増やせました。陸マイラーを始めていなければ、このようなペースで増やすことはできませんでした。

更に、ヨメさんも同じように貯め始めたのもあり、ファミリーマイルで22万マイルを突破できました。この程度であれば誰でも貯める事ができるのは実証されたのですが、ここでも気持ちの変化が出てきます。

特典航空券が取れさえすれば、4日後以降ならいつでも旅行に行けると。

お金かかるから、飛行機で行けるところにしよう。

知らない人が聞いたら意味不明な発想になってきたのは事実です。

スポンサーリンク
 

 

準備さえすれば誰でもできます

実践的なことは上記記事を参考にしてもらえれば、わかると思います。わからなかったらすいません。文章書くの下手なので。

一つだけ言えるのは、自分が実践したのはここに書いてある事だけです。それ以上でもそれ以下でもなく、これだけです。他の陸マイラーブログでも基本的に同じ事がかかれていますので、嘘ではないことはわかると思います。

 

家族旅行をする理由

自分が家族旅行にこだわる最大の理由は、我が家は共働きなので普段娘達と接している時間が短くなっていると言うことにつきます。また、ヨメさんが土日仕事なので、家族4人ででかける頻度はかなり少ないのが現状です。

娘達は我慢しているのか、あまりそのことには触れてきません。であれば、両親が休みを合わせることで、旅行に連れていってあげようと思ったのです。家族旅行に行けばわかると思いますが、普段の週末の買い物とは違い、旅行期間中って親子の距離がいつも以上に近くなる感じがすごくするんですよね。それが好きなんです。

また、普段とは違う景色や空気を感じてもらうことで、子供達の目の色が変わるのを見るのも好きなんです。とにかく楽しいので、家族旅行はやめられません。

 

とは言え必要な物(旅費)は必要で、一番後悔しているのは陸マイラーをもっと早く知りたかったです。後悔先に立たずとは、まさにこの事ですね。

この後悔を活かす事ができるのは、将来親になるであろう若い世代です。今結婚する予定がなくても、家族を持つ予定はなくても、とりあえず貯める癖だけでもつけておけば、いざという時に役立ちます。それまでは自分で使えばいいんですから。

20代でANAスーパーフライヤーズ(SFC)やJALグローバルクラブ(JGC)を目指して修行されている方を見ると、正直羨ましいと思っています。若い時にチャレンジしておきたかったと今だから思える事の一つです。

 

出会い

Webの世界は孤独です。陸マイラーは基本的にWebサービスを駆使している為、けっこう孤独だったりします。しかし、はてなブログを始めてからその繋がりができたり、またツイッターでも絡んでいただく事が増えたりと、今までなかった出会いが色々あります。これ、モチベーションの維持に非常に役に立っています。自分だけでは情報収集に限界があるのですが、繋がりができると情報が入ってくるようになってきました。もちろん、自分も有益だと思う情報は提供するように心がけています。Win-Winが大事ですね。

一部ではラウンジで突然のオフ会に発展することもあるようで、それはそれでマイラーっぽくていいなぁと思いました。申し合わせる事もなく、とあるANAラウンジで偶然なのか必然なのか出会い、出発までの間グラスを傾けて語り合うっての、かっこいいじゃないですかw

マイルを貯めている時は非常に地味な作業になってしまいますので、モチベーションを保つ何かを見つける事をオススメします。

 

最後に

長々となりましたが、このわずか一年で我が家の家族旅行計画は大きく変わりました。まず飛行機代を気にする事がなくなりました。移動の自由を手にいれたのは、非常に大きな事です。

娘が「久しぶりにディズニーランドに行きたい。」と言うと、「東京は混んでいるから、空いている香港にでも行ってみる?」なんて会話が普通になっています。

お父さんは正直東京ディズニーリゾートには飽きてしまっているので、どうせ行くなら他がいいなと思っただけなんですけどね。ディズニーランドもいいんですが、香港という街も見せてあげたいと思ったんですよ。偉そうに書いていますが、お父さんも行った事ないので、自分も行ってみたいんです。

あっという間の一年でしたが、今の仕組みが続く限り(続いて欲しいと切に願う)は、陸マイラーを楽しみたいと考えています。来年は、JALグローバルクラブ(JGC)を目指してみようかと画策中でもあります。そう言う計画も楽しみなんですよね。

 

ではでは。

 

当ブログ人気記事