イクメン陸マイラーの、家族を旅行に連れてって!!

自称イクメンが、陸でマイルをせっせと貯めて、安くあわよくばタダで沖縄などに家族旅行で行く記録。絵本の読み聞かせや、子連れレジャーについてのイクメン独自情報もあり。世の中の全ての父親の為に。

ECナビが波動砲を繰り出した!ソラチカルート実質99%移行の衝撃!激化するポイントサイト間競争!

ecnavi-pex@pj

 

2017年10月17日正午、列島は曇天模様でひんやりとして、いつも通りのつまんない日常だった。

はずだったのに、静寂を切り裂く様に指令が下った・・・。

 

「あー、あー、全陸マイラーに告ぐ。ソラチカルートにおいて、PeXが完全に息を吹き返した模様。総員戦闘態勢につけ!」

 

「ソラチカルートで実質99%でのANAマイル化ができるようになった模様。詳細は待て。」

 

 

「尚、完全体のPeXを活用するには、ECナビとの連携が不可欠な模様。準備がまだの場合は、至急ECナビへの登録をせよ。」

 

ECナビ⇒PeX⇒メトロポイントで10%ポイントバック

f:id:mileagelove:20171017175954j:plain

 

.moneyがメインとなる前、PeXがハピタスなどからメトロポイントへの中継を担っていました。

ハピタスが.moneyへの交換が可能になったのを皮切りに、他の多くのポイントサイトが.moneyに対応していきました。

それに伴い、著しいPeXの地位低下が起こったのは記憶に新しいところです。

ところが、その間にPeXは力を温存していたようで、その前触れとしてまずはPeXからメトロポイントへの手数料の無料化に踏み切っています。

 

 

そして第二段が、この10%バックになります。

これの何が波動砲なのか。たった10%なのに。

これまでの常識では、ソラチカルートにより、メトロポイントから90%でANAマイルに交換できるものでした。

90%でも圧倒的に高い率だったため、陸マイラーは皆さんこぞってメトロポイントへ交換する方法を取ってきています。それが・・・

残りの10%がECナビポイントで還元されることで、実質的に99%ANAマイル化ができるようになるんですね。

これは衝撃的!!

 

実質100%になるキャンペーン内容

期間:2017年10月17日(火)12:00 ~ 2018年1月10日(水)23:59

 

キャンペーン達成の為の手順

①期間内にキャンペーン参加に関する規約に同意 

ecnavi@pj

ECナビ側でキャンペーン参加ボタンを押して、キャンペーン規約に同意します。

すると、ポイント交換ボタンがすぐに出てきます。

 

②ECナビからPeXへのポイント交換完了

f:id:mileagelove:20171017204752p:plain

 

ECナビのポイントは、1ポイント=0.1円換算になります。

PeXも同じなので、メトロ20,000ポイントにするには200,000ポイント移行する必要があるのでここは注意してください。

 

f:id:mileagelove:20171017205207p:plain

 

移行の際には、SMS認証が必要となります。

iPhoneの場合、通知表示される設定にしておけば、上記画像のように見ながら入力可能です。

 

f:id:mileagelove:20171017205440p:plain

 

ECナビからPeXへは、ほぼリアルタイムで移行完了します。

桁を間違えなければ、この様にすぐに200,000ポイント移行されました。

 

③PeXからTo Me CARD(メトロポイント)へのポイント交換申込み完了

f:id:mileagelove:20171017205614p:plain

 

f:id:mileagelove:20171017205650p:plain

 

次にPeXからメトロポイントへ移行を実施します。

PeXの200,000ポイントは、メトロの20,000ポイントとなります。

こちらはリアルタイムではなく、最大2ヶ月要しますので気長に待ちましょう。

ここまでが、今回のキャンペーンの一連の流れになります。

僕は今回ECナビの200,000ポイントを、メトロ20,000ポイントの移行までを、同月中に作業しましたので、これでキャンペーン対象となるはずです!

 

注意事項

・「同月内にECナビ⇒PeX⇒メトロポイント」の移行が必須
・PeXへの移行対象はECナビのポイントのみ
・10%還元の対象は、ECナビからPeXへの移行ポイント数が対象

なぜECナビのポイントのみなのか、それはPeXとECナビは運営会社が同じ株式会社VOYAGE GROUPだからですね。

運営会社が同じだからこそ、今回のキャンペーンを生むことができたのだと思います。

 

また、「ECナビ⇒PeX⇒メトロポイント」への移行タイミングにも要注意です。

同月内に全て完了させる必要があるので、メトロポイント20,000ポイントに相当するECナビ200,000ポイントが貯まった状態で、一気に実施すべきです。

さらに、10%バックの対象となるのは、あくまでもECナビのポイント数に対してになります。

ですので、他のポイントサイトからPeXに移行した分を含めてメトロポイントに移行しても、ECナビからの移行分のみ10%還元の対象となります。

 

①他のポイントサイトからPeXに移行した100,000ポイント

②ECナビから移行した100,000ポイント

合計200,000ポイントをメトロポイントに同月内に移行した場合

対象となるのは②の100,000ポイントに対して10%の10,000ポイントを還元

 

還元ポイント付与時期

条件達成の翌月末ごろ。

僕はこの記事を書く為に、一通りの流れを2017年10月17日にECナビから200,000ポイントをPeXに移行し、直ぐにメトロへ移行しました。

条件は達成していますので、11月末には200,000ポイントの10%である20,000ポイントがECナビの通帳に加算されるはずです。待ってみましょう。

 

なぜ99%マイル化になるのか

①ECナビ200,000ポイント

②PeX200,000ポイント

③メトロ20,000ポイント

④ANAマイル18,000マイル

⑤ECナビ20,000ポイント還元

⑥PeX20,000ポイント

⑦メトロポイント2,000ポイント

⑧ANAマイル1,800マイル

=

④+⑧=19,800マイル
ECナビ200,000ポイントが、最終的にANAマイル19,800マイルになります。

どうでしょうか?

簡単には還元率はあがりませんが、条件を満たす事で限りなく99%まであげることができるようになります。

期間限定ですが、陸マイラーの皆さんが精力的にECナビを活用することで盛り上がれば、継続もあり得るのではないでしょうか。まずは、下記の指令をこなしましょう。

 

等ブログでは何度も書いていますが、ECナビは外食モニターでもダウン報酬がありますので、家族で利用するとかなり効率的です。

 

まとめ

激動のポイントサイト界隈ですが、その手綱を引いてきたのは、間違いなく陸マイラーでしょう。

その証拠に、主なポイントサイトはあからさまな程に陸マイラーという言葉が躍るようになってきています。

その先陣を切ったのが、ポイントサイトのモッピーによるJALマイルの実質83%移行を可能にした、「JALマイル交換 ドリームキャンペーン」です。

これらのキャンペーンにより、ECナビも本気をだしてきたのでしょう。

また、ECナビの強みは、中継サイトのPeXと運営会社が同じなので、この様な強烈な波動砲キャンペーンが撃てたのではないかと思っています。

ぜひ盛り上げて、キャンペーン継続させていきたいですね。

 

「陸マイラー諸君、ECナビの波動砲準備は完了しただろうか?」

「健闘を祈る。」

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

 

家族旅行関連記事

★爆発的にJALマイルを貯める方法 

 

★爆発的にANAマイルを貯める方法

 

★アメックスゴールドは初年度無料!さらにキャンペーンが熱い!

 

★宮古島へタダで行けました。