イクメン陸マイラーの、家族を旅行に連れてって!!

自称イクメンが、陸でマイルをせっせと貯めて、安くあわよくばタダで沖縄などに家族旅行で行く記録。絵本の読み聞かせや、子連れレジャーについてのイクメン独自情報もあり。世の中の全ての父親の為に。

イクメン陸マイラー的旅費圧縮方法。デルタスカイマイルの可能性。

デルタはスカイチーム

ANAはスターアライアンス、JALはワンワールドで、デルタはスカイチームになります。ですので、ANA,JALでの利用はできない点は注意が必要です。

f:id:mileagelove:20160703171508p:plain

イクメンマイラーとしていかに全体の旅費を下げるかという観点で、それでもデルタのスカイマイルに移行した場合を考察してみました。

デルタスカイマイルのメリットデメリット

メリット

  • 有効期限がない
  • サーチャージがかからない
  • マイル移行上限がない!!
  • 特典航空券の制約がない(親族以外でも可、大型連休でも可)
  • JTB旅行券に移行できる

 

デメリット

  •  国内線はスカイマーク便(一部)のみ
  • ANA,JALには乗れない

 

スカイマイルへの移行

f:id:mileagelove:20160703174156p:plain

アメックスメンバーシップリワードプラスに加入することが条件ですが、1,000P=1,000マイルで移行可能です。

メリットにも書きましたが、ANA移行のように上限はありません

 

どのデルタカードにするか

デルタが大好きな方なら、デルタアメックスもありですが年会費が高すぎます。

あくまでも移行先として考えるのであれば、デルタスカイマイルJCBがオススメです。

その中でもテイクオフカードは、初年度年会費無料次年度以降も1,500円と良心的ですね。

f:id:mileagelove:20160703174814j:plain

 

スカイマーク便での利用

これは全く知りませんでしたが、国内線で一部スカイマーク便でスカイマイルが利用できます。神戸発着便が利用できるので、僕は使えそうです。

f:id:mileagelove:20160703183556p:plain

 

JTB旅行券に移行

デルタマーケットプレイスアジア

f:id:mileagelove:20160703175846p:plain

f:id:mileagelove:20160703180713j:plain

移行可能なのは、年間上限30,000マイル=30,000円分までとなります。

年またぎで、年会費無料の間に60,000円分まで行けますね。

 

JTB国内旅行を利用

f:id:mileagelove:20160703180741j:plain

  • スカイメダリオン会員および提携クレジットカードが必要
  • エースJTB(国内旅行)で利用可能

提携カードは、上記デルタスカイマイルJCBがあるので大丈夫ですね。

また、国内旅行のみなので、JTBでもルックJTBは不可です。気をつけて下さい。

「募集型企画旅行」にも使えるので、実はJTB以外のANAスカイホリデーや新幹線旅行でも利用可能です。JTB窓口で申し込めばいいわけですね。

注意点は、有効期限が6ヶ月ということでしょうか。

 

イクメンマイラー的活用

家族旅行の課題は、1にも2にも料金です。

陸マイラー活動で例え特典航空券が使えても、宿泊費がバカになりません。

例えば、今話題の那覇のウミカジテラスにある瀬長島ホテルに8月のお盆中に1泊3人にするとこうなります。

f:id:mileagelove:20160703182258p:plain

   f:id:mileagelove:20160703182309p:plain

60,000円分あれば、7,800円自腹となりますね。これは大きいです。

那覇でこの価格なので、他地域ならもっとお得になるので、2泊などでも持ち出しは少なくなります。

 

まとめ

僕はANAスカイコインにしてフライト+宿泊費に充当して、旅費の圧縮を行いました。

しかし、特典航空券とこのJTB旅行券を組み合わせすれば、さらにお得度が増すと考えられます。

また、BAマイルでJAL便との組み合わせもできるようになるので、自由度が増しますね。JAL便にすれば、dポイントクラブでサクララウンジの利用もできますね。


イクメンマイラーの一番の課題である家族全員分の旅費、こちが大きく圧縮可能になります。陸マイラー的には、マイル単価を考えると邪道かもしれません。

しかし、子どもが大きくなるのに比例して、旅費も人数分必要になる点は、かなり家計に響きます。教育費もかかってきますしね。

 

これからも、あらゆる手段を駆使して、旅費の圧縮を図っていきたいと思います。

 

ではでは。

 

関連記事

 

f:id:mileagelove:20160703184402j:plain