読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イクメン陸マイラーの、家族を旅行に連れてって!!

自称イクメンが、陸でマイルをせっせと貯めて、安くあわよくばタダで沖縄などに家族旅行で行く記録。絵本の読み聞かせや、子連れレジャーについてのイクメン独自情報もあり。世の中の全ての父親の為に。

【重要】ローン、借金、クレジットカードが利用停止?となる前に、審査前に信用情報を確認する方法

f:id:mileagelove:20160604205435j:plain

信用情報を確認する

アメックスゴールド祭り(雨金祭り)が盛りあっていましたが、一部では職場に電話があり、所得証明や預金状況の確認などを求められ、確認できるまで利用停止などの措置を取られた例も出てきているようです。(真偽はわかりません)

昨今、楽天カード並に誰でも作れるようになったアメックスゴールドですが、作れるだけで使えるかどうかは別の話です。

そこで、簡単に自分の信用情報を照会する方法を簡単に書いてみます。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)を例に取ります。

ローン、借金、クレジットカードなどを利用すると、かならず信用情報機関に登録され、新たにローンを利用したりクレジットカードを作る際の審査に利用されます。

ここで異動情報(いわゆる金融事故)が記載されていると、ローンやクレジットカードの審査に悪影響を及ぼし、審査に通過できなくなります。

クレジットカードが作れないと、当ブログで説明している年間216,000マイルを貯めてタダで沖縄やハワイに行く方法の実現も遠のきます。自分は信用情報を守りながら、次の方法で毎年タダで沖縄に行っていますので、信用情報がきれいな方であればだれでも簡単にできます。

 

スポンサーリンク
 

CICとは

信用情報機関の役割|CICとは|指定信用情報機関のCIC

こちらのリンクを確認すると、何やら小難しい事が色々書いてありますね。

主な役割はこちらです。

  • 消費者の支払い能力に応じた適正なクレジット契約の実現
  • 迅速な情報提供によるクレジット・ローン取引の促進
  • 消費者の多重債務・自己破産の未然防止

要は、信用があるのかないのか、あるならいくらまで許容できるのかの情報を提供しているって事です。ここでの情報を元に、金融機関はローンやクレジットカードを発行していいかの判断をしています。

借金などが多いと、きっちり払っていても与信枠がかなり減ってしまうのと、住宅ローンなどでは心象が悪くなりますので審査に影響します。

事実、某戸建てメーカー参の話を聞いていると、消費者金融での借り入れがあるとそれだけでNGになることもあるようです。遅延がなくても、消費者金融を利用しているというだけで心象は悪くなるようです。

f:id:mileagelove:20160630224056p:plain

 

審査前に確認する方法

誰でもクレジットカードの審査前に自分の与信情報を確認することができますので、まずはCICトップページの中段にある、「自分の信用情報を確認」から開示方法を選択します。

f:id:mileagelove:20160630225403j:plain

 

パソコンで開示する方法の流れは、下記となります。

f:id:mileagelove:20160630225549p:plain
f:id:mileagelove:20160630225748p:plain

 上記電話番号に書けると、ぶっきらぼうな自動音声で受付番号を伝えられますので、メモしておきましょう。この受付番号が、最後まで必要となります

 

サービス時間と利用手数料

時間:8:00〜21:45

手数料:1,000円

支払い方法:クレジットカード

ご利用可能なクレジットカード|自分の信用情報を確認|指定信用情報機関のCIC

 

手続きが完了すると、PDFファイルがダウンロードされます。

このPDFファイルにはパスワードがかかっており、電話で取得した受付番号が必要となります。

 

信用情報の見方

f:id:mileagelove:20160630231556p:plain

アマゾンキャンペーンで作った、アメックスゴールドになります。

3ヶ月で45万決済という比較的簡単な条件でした。

それ以来使っていないので、入金状況は空白です。

また、限度額欄が空欄ですね。これはアメックスだけです。

ちなみに、僕の場合某ゴールドカードの200万が最高でした。

f:id:mileagelove:20160630231826p:plain

支払い状況に問題がない場合、このように「$」が並びます。

初めて開示してみましたが、全て確認して事故がない事があらためて確認でき、安心しました。

記号は他にこの様な種類があり、$、-、空欄以外は異動情報となります。所謂事故ですね。

f:id:mileagelove:20160630232220p:plain

 

審査していないのに途上与信?

クレジットカード会社の中には、発行後も定期的に情報照会している所があります。

その最たる所が、アメリカンエキスプレスなのです。

ご覧の通り、1月、4月と恐らく3ヶ月おきに照会してきています。

ですので、特にアメックスの場合は発行できたからバンザーイ!って事にはなりませんね。気をつけましょう。発行後も審査があります。

f:id:mileagelove:20160630232619p:plain

まとめ

CICの場合、取引終了から5年は記載されているようです。

カード情報の他に、住宅ローンやオートローンももちろん記載されてきます。

また、携帯電話の分割支払い状況もしっかり記載されていきます。

ですので、携帯電話の支払いだからといって、ないがしろにしていると大きなしっぺ返しを食らう事になりますね。金利なしの分割払いと言っても、借金であることには変わりありません。最近学生などがそのことを知らず(知らない方がおかしい)に、平気で滞納するようですが、社会に出てから大きなしっぺ返しを食らいます。

住宅ローンを組もうと思ったら審査で落ちる、クレジットカードが作れないなど、いろいろな弊害が出てきますので、要注意です。

また、住宅ローンや車のローンは、担保のある借入になります。それとは逆に、消費者金融やクレジットカードのリボ払いなどは、担保のない純粋な借金になりますので、非常に危険です。

クレジットカードの申し込み時に、「他社からの借入金額」を記入する欄が必ずあるはずです。そこには「住宅ローン、車のローンは除く」と小さく書かれているはずです。これは、担保のない借金の危険性を金融機関が一番よく知っているからですね。

 

ANAマイルを貯める為に、皆さんポイントサイトでクレジットカードを作ると思いますが、それらを作る度にこれらの信用情報が参照され、更新されている事になります。

信用情報を傷つけないようにさえしていれば、ANAマイルは比較的簡単に貯める事が可能です。

しかし、携帯電話を買うかのように簡単に考えていると、NGを食らう事になります。

ということで、そもそもカード会社からケチがつく様な属性の方々は、陸マイラーには向かないという結論になりますね。

諦めましょう。

 

ではでは。

 

関連情報